特色的なフェイシャルエステ
ホーム > 注目 > 現在居住中の住宅の場合

現在居住中の住宅の場合

不動産の価格は高価ですから、家を売ろうにも長期にわたって販売する例もあります。

 

長期化を避けるため、だいたい3ヶ月たっても購入希望者が決まらないときは、値段を改定するか、売買を仲介する不動産会社を乗り換えるといった対応も必要かもしれません。

 

媒介契約は法律で3ヶ月と決まっていますから、売値を変えて再契約しても良いですし、別会社にしても構いません。

 

不動産査定を行う際に注意していただきたいのが、悪徳業者の存在です。

 

一斉査定を受けた場合に、桁外れに高い査定額を出すような業者は用心しておきましょう。

 

このように、悪徳業者が見分けやすいのも一括査定をおススメする理由です。

 

なお、不動産業者に査定額の根拠を求めた場合、きちんとした説明責任を果たさないところも悪徳業者である可能性が高いです。

 

完成済の新築物件や中古住宅、マンションの一室などの実物を見て確認できるのがオープンハウスの魅力でしょう。

 

立地、通風、日照なども確認できますし、家を売る際、早く買手を見つけたかったら、オープンハウスによって購入意欲のある人に家の中を見てもらってはいかがでしょうか。

 

現在居住中の住宅の場合は、外出したり、場合によっては外泊する人もいるようですが、居住空間を見られる気まずさより、買手のほうは現実感をもって見ることができる点がありがたいです。

キュートミー安い